偽福祉と保育園の専門家元自治労書記朝霞市議会議員くろかわしげる氏のきょうも歩く書き換えとTwitterでの人権侵害とセクハラと障害者差別の公開質問状及び検証ブログ

福祉の専門家黒川滋元自治労職員朝霞市議黒川滋先生へのきょうも歩く書き換えとTwitterでの人権侵害とセクハラと障害者差別の公開質問状及び元自治労現朝霞市議の黒川滋氏くろかわしげるのきょうも歩く黒川滋左翼黒川滋ブログ黒川滋朝霞市黒川滋 今日も歩く黒川滋 朝霞黒川滋 朝霞市議会黒川滋 左翼黒川滋の経歴黒川滋 wikihttp://kurokawashigeru.com/ くろかわしげる | トップ http://kurokawashigeru.air-nifty.com/ きょうも歩く http://ronzine.net/?a=b&i=bba29fee922b71d74e753f2487e107fd 黒川 滋 - ろんじんネット 消費増税断固反対 - 黒川滋が本田由紀にこんなブログをTwitter https://ja-jp.facebook.com/dankohantai/posts/434646586566286 ブログ「きょうも歩く」黒川滋朝霞市議@kurokawashigeru https://twitter.com/hitujinomura/status/197899978910339072 http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-0de5.html 黒川滋さんのほんとうの正論 http://wwwa.cao.go.jp/wlb/change_jpn/taikenki/h20/sakuhin/3-07.html 赤ちゃんとの初めての生活 http://togetter.com/li/641790 「俗論」に振り回されがちな保育・待機児童問題 by 黒川滋・朝霞市議(@kurokawahigeru) さまざまな角度から黒川先生を検証するブログです

タグ:黒川滋過去

矢を放ちました
また第二の矢は黒川滋先生次第です

例えですのでお間違えなく

最初は高校の図書室で会って、主義主張の違いから、てっちゃんとも、君ともあまり関係良くなかったけど

なんだかんだで、仲良くなって三人でトリオみたいな感じだったね

三人で信濃町探険したり三人で代々木探険したり最後に信濃町は城下街で代々木は要塞だって笑い話したっけ

まあ、昔話はあまりしないよ悲しくなるから

「的場様
名簿作成の仕事を妹様に依頼したことをめぐり、何かされても、個人情
報保護法の効力のない時代の話でなので、むしろ罪に問われるのは信義則に反し
て不当に情報を保持し、その保持していることをもって何かしようとする人物に
なります。過去に何をメールに書いたかよく思い出されたら、そのことの故意性
が明確になると思います。
この案件は今から10年以上前に、私から妹さんに依頼したものです。も
ちろん犯罪には問われませんが、事実確認等はされることと思われますので、誰
に迷惑が及ぶかよく考えられるべきことと思います。
この話で、以前やりとりしたメール等は記録し保存してあり、過去の経緯を含め
ての対応になろうかと思います。
無用な動きはしない方が得策だと思います。返事無用です。
黒川」

妹はもう結婚していますので、名前は伏せました
さて黒川滋先生より頂きましたメールなのですが黒川滋先生の記憶違いがあります

元は、黒川滋先生が、私に、「バイトしない?」と気軽に話され
当時の職場から、許可も得ず持ちだした資料を、面倒臭いから、Excelのデータにまとめてほしいという話でした

ただ、私は当時Excelが使えなかったので、代わりに、妹がExcelにまとめてフロッピーディスクを、黒川滋先生に、わたしてバイト代金を妹が、受け取ったのです

ちなみに、黒川滋先生の当時の職場の封筒に何か名簿が、たくさんありましたが
それぞれ規格が違うので、Excelにまとめてほしいとう話でした

あのうたいへん失礼ですが
そんな事は有り得ません
私にとってはですけども
12歳、医療と養護という「善意」の恐ろしさを、体験してしまった人間には
だから話し合いで済ませましょう

連絡お願いします

チャンネルはオープンです

過去の友情からあまり無理はしたくない

連絡お願いします話し合いで済ませましょう


最近落選運動ってありますね

あまり意味があるのかわかりませんよね

でも改正日本国仮憲法による表現の自由だし

様々な形で存在する権利ですから

それは認めています


黒川滋先生はどう思いますか?

そもそも弱者って定義はあるのかな?
というか、相手を弱者認定って実は上から見下していたりします

自分の決め付けた弱者を利用したり無茶苦茶ですよね

福祉もあまねく対応できるならともかく、自分の守備範囲外は無視か知らんぷり

まあ、弱者の味方やら福祉の専門家なんて名乗っておけば、いい人ぶれるし、受けもよい


黒川滋先生はそんな方ではありませんけど

福祉の専門家黒川滋先生でもわからない事って

当事者にならなければ、わからない事なんです

精神疾患の発症率ってかなり高いんですけど

だからもし黒川滋先生や身内の方が精神障害者になってしまったら
悲惨な現実が見えますよ差別と偏見のなか荒野をはいつくばって生きている精神障害者の事が

だから黒川滋先生や身内の方々にはぜひとも精神疾患にはならず明るく健康で健やかにお過ごしください

↑このページのトップヘ