偽福祉と保育園の専門家元自治労書記朝霞市議会議員くろかわしげる氏のきょうも歩く書き換えとTwitterでの人権侵害とセクハラと障害者差別の公開質問状及び検証ブログ

福祉の専門家黒川滋元自治労職員朝霞市議黒川滋先生へのきょうも歩く書き換えとTwitterでの人権侵害とセクハラと障害者差別の公開質問状及び元自治労現朝霞市議の黒川滋氏くろかわしげるのきょうも歩く黒川滋左翼黒川滋ブログ黒川滋朝霞市黒川滋 今日も歩く黒川滋 朝霞黒川滋 朝霞市議会黒川滋 左翼黒川滋の経歴黒川滋 wikihttp://kurokawashigeru.com/ くろかわしげる | トップ http://kurokawashigeru.air-nifty.com/ きょうも歩く http://ronzine.net/?a=b&i=bba29fee922b71d74e753f2487e107fd 黒川 滋 - ろんじんネット 消費増税断固反対 - 黒川滋が本田由紀にこんなブログをTwitter https://ja-jp.facebook.com/dankohantai/posts/434646586566286 ブログ「きょうも歩く」黒川滋朝霞市議@kurokawashigeru https://twitter.com/hitujinomura/status/197899978910339072 http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-0de5.html 黒川滋さんのほんとうの正論 http://wwwa.cao.go.jp/wlb/change_jpn/taikenki/h20/sakuhin/3-07.html 赤ちゃんとの初めての生活 http://togetter.com/li/641790 「俗論」に振り回されがちな保育・待機児童問題 by 黒川滋・朝霞市議(@kurokawahigeru) さまざまな角度から黒川先生を検証するブログです

タグ:黒川滋さようなら

なぜ、このような事になってしまったのでしょうか?
佐藤哲朗先生と黒川滋先生と、私で仲良し三人組だったのに。
政治家を目指していた、黒川滋先生は、その夢を実現された。
それは素晴らしい事だと思い私も、仲たがいしながらも、嬉しかったのに、
どこかで、行き違いがあり、黒川滋先生は、私に何かしらの、攻撃と思わざるを得ない事を繰り返し行ってしまった。
残念だと思わざるを得ません。
何かあれば、警察を利用し犯罪者扱い
話し合いも、メールも携帯電話も着信拒否
友情が破綻すれば、何かしら精算が必要なのに、それも拒み、中ぶらりんの資料は、こちらで大切に、保管していますが。そのうち処分せざるを、得ません。
黒川滋先生が、預けた書類など無い!
と言い切った書類は、きちんとお返し致しました、礼の言葉もありませんでしたが。
また、原本ではなくコピーが、出て来た時にも、今の黒川滋先生のお立場を、考え問い合わせると、威圧するようなメールで、かつ返信無用。
実際、メールも携帯電話も着信拒否
あまりにも、酷い扱いといわざるを得ません。
仕方がなく、ブログで呼びかけをしたら、これまた、法理を無視した一方的な、威嚇紛いの行為。確かに、今の黒川滋先生のお立場を、考えると、過去のミスや、暴言、家族にまで誹謗中傷。
妹へのセクハラなどは、隠すべき事、政治家として、過去を隠し、また仮面を被らなければならないのは、良くわかります。
しかしながら、私とて人間であり生きています。精神障害者としての人間の尊厳があります。

また、黒川滋先生の理解しがたい理由は、私にも等しく存在する権利なのですが。

精神障害者には、その権利が存在せず、邪魔物はどのような手段でも、消す、消せなければ、警察を使い口封じ。

あまりにも、自己本意で、身勝手と私は思わざるを得ません。

これ以上、私に攻撃するがごときが、続けば、私とて対応せざるを得ません。

私も、十二歳の闘いから始まった、世の理不尽にたいする、闘いや抵抗、それは、甘く見ないで頂きたい。
続きを読む

世の中敵か味方などと、単純なものではなく
ほんの少し、話し合いで済む事がほとんどではありませんか?
メールも電話も着信拒否警察を使い口封じまでなさる
正直なところ全く理解できません
いつから黒川滋先生は、偉いから邪魔物は、どんな手段でも黙らせる
なんて、方になってしまわれたのか?
私は全て通信手段は、着信拒否にせず
オープンです
連絡をお待ち申し上げます。

いまさら貴方に、遺恨があるわけではない
ただ、貴方はやり過ぎた私とて人間であり人間の尊厳を、持ち理不尽と闘ってきた
少しでも、話し合いや歩み寄りが、あれば私とてかつての親友を防御のために、闘ったりしない
確かに今のお立場を、考えれば
過去を知る邪魔物は、どんな手段でも消す
それはわかります
しかしながら、私は消される訳にはいかない
連絡先をオープンにして、お返事をお待ち申し上げているのに
一度敵認定した相手は、死ぬまで敵なのですか?黒川滋先生は、まるで5.15事件の決起将校のようだ、「話せばわかる」「問答無用」
しかし私は、黙って撃たれる訳にはいかない

黒川滋先生は覚えていらっしゃらないかもしれないですが

精神疾患の悪化かと思い、当時しりうる情報を、メールで送りましたが、返事なぞ来なかった
そのメールきちんと保管しています

法学部出身でもないのに無理に、こ難しいかつ法理に反した理屈を、並べて、威嚇するがごとき振る舞い
私の立場から言えば、不愉快極まりない

まあ、選挙ともなれば、かつての過去をリセットし、仮面を被り私は善人お住まいの自治体のために、尽くしますと言うのは、当然ですが

仮面の裏に、尊大で傲慢と、思われかねない行動をされる
黒川滋先生のお立場からならよくわかります

だから乱訴と、取られかねない行動や、警察を利用して黙らせる

今の黒川滋先生にとっては、当たり前の事

しかし、私も生きていますし、精神障害者としての人間の尊厳を持ち、不当な扱いには、抵抗しなければならない

世に、朱にまじわれば赤くなる、と言われるように

黒川滋先生は、変わってしまった

今まで散々敵視していた方々に、擦り寄るように見える行動

主義主張が、はっきりしない、住みよい市政

ただ、私とて人間であり生きています

消せばよい、警察を使って黙らせる

黒川滋先生の立場なら、当然

しかし、私は黙ってしまう訳にはいかない

人は変わる、時には悪いほうに変わる

私は私の最後の力を使わなければならない

さようならかつての親友残念ながら、黒川滋先生は、やり過ぎた

タイ王国での、中国系イスラム教徒の秘密結社暴発、広西チワン人自治区での爆弾事件、シリア内戦へのロシア参戦
戦争の対語が、平和ではなく、安定や均衡を意味するように
世界はゆっくりしかし確実に、破滅の道へ進んでいる
一国平和主義など、リアリズムの前では無料である

いったい、平和はいつになれば訪れるのか?

ソビエトが崩壊し、一瞬の平和が欺瞞であった時代が懐かしい

残念ながらこちらから、動かざるを得なくなった話かけを無視したのは、貴方だ
総力をかけて貴方を倒さなければならない
残念だが昔の親友地獄で待つよ

議会に期待するのも、まあ無理であろう
自治体議会の権限には限界がある
では、様々な合法的な権利行使を始めるか

もし、地獄に浅草があれば三人で仲良く行こう

人生って必ずどこかで、リセットして地位や名誉幸福を、手に入れる
そこに、リセットする前の陰を知りかつ「昔はやんちゃで、だのあの頃は馬鹿やって」だのと笑い話の輪に入らない人間がいれば
確実に、敵、警察に誣告しようが
口封じに警察使をうが
本人には、関係ない、私は絶対正しい、悪いのはお前だ!
気持ちを察するに、理解できるし
そうしなければ、自分の実力で、手に入れた、地位、名誉、幸福が危うくなる
だから私は、清算した過去を知る危険人物
普通に想像する以上に、様々な理解できない、苦情やら警察からの口封じが多い
まあ、人間としては、過去の清算に邪魔、ならば消す
理解できるが、私も生きている以上、修羅場をくぐり抜け火の粉を払い落とし、投下された焼痍弾の落下点目指して、走らなければ、生きていけない。
さようならかつての親友浅草に、いけなかったのが、心残りだ。

どうやら、時間切れか、議会の問題は、議会で決する
そうそう通用しないものだな
ならば、刑法163条、公務員職権濫用罪、か
しらばっくれて朝霞市議黒川滋先生が、うっかり本人が、情報開示を求めたのが残念だった
告発ではなく、告訴全く残念であります
また、理由を最大限思い付く限り、書いてしまった。
私が刑法の公務員職権濫用罪を検察に告訴する場合、通らない事を考え、告訴の理由を、幾つも与えてしまった
検察審査会を、考えてもいくらでも訴状が提出できる
時効の二年間に、必ずどこかで起訴される
なんで、こんな事になったのか?
話し合いで、済ませるべく努力したのに
心が痛む

↑このページのトップヘ