偽福祉と保育園の専門家元自治労書記朝霞市議会議員くろかわしげる氏のきょうも歩く書き換えとTwitterでの人権侵害とセクハラと障害者差別の公開質問状及び検証ブログ

福祉の専門家黒川滋元自治労職員朝霞市議黒川滋先生へのきょうも歩く書き換えとTwitterでの人権侵害とセクハラと障害者差別の公開質問状及び元自治労現朝霞市議の黒川滋氏くろかわしげるのきょうも歩く黒川滋左翼黒川滋ブログ黒川滋朝霞市黒川滋 今日も歩く黒川滋 朝霞黒川滋 朝霞市議会黒川滋 左翼黒川滋の経歴黒川滋 wikihttp://kurokawashigeru.com/ くろかわしげる | トップ http://kurokawashigeru.air-nifty.com/ きょうも歩く http://ronzine.net/?a=b&i=bba29fee922b71d74e753f2487e107fd 黒川 滋 - ろんじんネット 消費増税断固反対 - 黒川滋が本田由紀にこんなブログをTwitter https://ja-jp.facebook.com/dankohantai/posts/434646586566286 ブログ「きょうも歩く」黒川滋朝霞市議@kurokawashigeru https://twitter.com/hitujinomura/status/197899978910339072 http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-0de5.html 黒川滋さんのほんとうの正論 http://wwwa.cao.go.jp/wlb/change_jpn/taikenki/h20/sakuhin/3-07.html 赤ちゃんとの初めての生活 http://togetter.com/li/641790 「俗論」に振り回されがちな保育・待機児童問題 by 黒川滋・朝霞市議(@kurokawahigeru) さまざまな角度から黒川先生を検証するブログです

タグ:朝霞市議員黒川滋精神障害者差別黒川滋誣告ご都合主義自己本位反市民

「替え歌、自治労で披露して、受けたとか」「中身はまたにします」

「スカートの風」「呉 善花著」「読んで人の話だけどと言ったけどどうかな?」「嫌韓なんて目じゃないですよ」

「女だったらキチガイでも結婚できるんだ!」

「頼まれた、テープのダビング」

「高級分譲マンション買ったけど、しばらく一人暮らしの訳」

「自治労で初期に言っていた事」

「嫉妬から私にしたこと」

「要するに、仲を裂くべき工作したんです、きちんと裏付けも証拠もあります」

「今までのコネでしたこと」

「私に悪口を言う時、第三者が言っていたといい、確認すると違うのに、本当の事言うわけないだろう」
「これ、黒川滋先生のよく使う手です、二重に罪深い、責任は負わない、その第三者の方まで嘘つきにする」

「独特の逃げ道、要するに、と誰々が言っていた」「責任逃れには最適」

「突然授かった子供」「要するにできちゃった婚でしょう」「マー君笑ってました、男ってすぐに責任取りますって言うから」

「マー君口説いた、婚約者がいるのに、しかも相手をけなす、職業差別ですね」

「妹へのセクハラ、言い訳していたけれどセクハラは受けた側の問題」
「その発言、結婚しないのー、彼氏いないのー、良かったら結婚してあげる、前の職場辞めたら上から目線で説教」

「男女同権?子供の権利?福祉の専門家?」

「いやはや、凄いですね」

2016.03.18

3/17 マンション政策前進の兆し、妊産婦の支援体制の強化~市議会の一般質問より

17日は市議会の一般質問でした。

冒頭、大橋昌信議員の昨日の一般質問での言動に、陳謝があり、その後、私の質問に入りました。

マンション政策では、管理士会の協力を得ての相談会が好評であることを受けて、実態調査を来年度行う準備をしていること、管理組合向けのセミナーの開催することを具体的に検討していることが明らかになりました。

子育て世代包括支援センターの設置をする、という前日の駒牧議員の質問に対する答弁を受けて、業務内容を確認しました。市は、現在保健センターで 行っている巡回訪問に加え、母子手帳の交付や、産前産後のケアの調整、困難な事情を抱えている人のケア計画の立案などを行う見込みである、と答弁、これに 対して、母子手帳の交付場所が当面1カ所になることで不便さが訴えられるかもしれないが、全件の妊産婦の支援のためにあえて我慢して前に進んで質を確保し てほしい、と要望いたしました。

中枢都市圏連携を推進している地方創生にからめて補完関係にある自治体との協力を訴えました。
消費生活で関係の深い豊島区や、防災応援協定の山形県東根市、福島県須賀川市、長野県佐久市、岐阜県瑞浪市などとの連携強化を模索してはどうか、という頭 の体操の質問をし、加えて、地方創生の関連の交付金が毎年年度末に制度が出てきて、まとまったアイディアが出せないということなので、ふだんから先進事例 を考えておく準備が必要ではないか、と申し上げました。

その他、ごみ収集や焼却場、ディスポーザーの規制のあり方、保育園の入所点数の課題など質問いたしました。

詳細は後日、アップいたします。

●昨日の一般質問の最終バッターで前議長の利根川議員から、12~13日に市立図書館で開かれた東日本大震災の福島避難者の声を聴くイベントで、特 定党派を批判するビラが配布されていた問題が取り上げられ、教育機関でこのようなことがあってはならない、調査して報告せよ、との強い要望がされました。 答弁は求めなかったのですが、与党議員であり、市としては調査はしないわけにはいかない状況となるのでしょう。

教育の中立性は、個人の内面の自由を保障するためのものであり、そのなかで今回の主催者の見落としが、刑罰ではないにしても、思想調査のようなことをされるまでの可罰的違法性を持つものなのか、と思います。政治が権力的に統制させる問題だとは思えません。
直接的に子どもに党派性のある教育をしたり洗脳したということでもなく、所管が教育委員会の施設だからと、極端に統制されるべきものではないように思いま す。逆には、書籍の貸し出しや司書による調査が対象ですが、図書館の自由という概念もあり、政治的主張を強要されたものでもなければ、その内容は権力的に 統制させる話ではないように思います。

私の1期目4年間は、利根川議員が名議長として議会運営に采配を振るい、議会改革や、野党議員との調和に細心を尽くしていた思い出ばかりで、全幅の 信頼をおいていたので、今回のこのような、市民や職員を巻き込むことになるこうした対立を持ち出したことに、とても悲しい思いでいます。

| | コメント (0)

 


「朝霞市議なのに、悲しい思いですか?」

「思想調査はいけないですが、中立性を保つためには、ある一定の主義をとなえる団体には、なにかしら、調査と、中立性を保つべく、このような場所では、ビラなどには、制約がかからざるを得ないかと思うのですが?」


「政治的中立ってかなり難しい問題ですが、公共の施設や、公共の集会では、意見はともかく、ビラの配布はぎりぎりアウトです」


「自分たちで、許可取って、集会を開き、そこでビラ配布や、アジテーションは、問題ありませんが、公的集会などで、自分達の意見を、押し通すのは、民主主義の否定です」


「まあ、黒川滋先生は、自己正当化のためなら、冤罪捏造でも、法理を無視した、誣告でも何でもする人ですから、建前は立派、裏の顔は、敵認定したら、何でもする、無茶苦茶なファシスト、スターリニストですから、格好つけても、朝霞市民の皆さまは、見ていますよ?」


「何しろ、イラチ、我儘、自己中心的、無礼千万、差別主義、ファシスト、スターリニスト、偽善者」


「貴方の仮面は、もうとっくに、お見通し、差別発言を正当化するために、なんだってする、貴方は鬼畜です」


「精神障害者が、必死で社会復帰の道を探っていたのに、冤罪捏造で、破壊しても、良心の呵責もない」


「鬼ですか、鬼畜ですか、恐ろしい人ですね、黒川滋先生は、労働貴族の癖に、私はクリーンな無所属でございます」

「票が足りなければ、前職にすがり組織候補、でも傲慢にして傲岸不遜ですから、組織候補ではない」


「いけしゃあしゃあと、よくもまあ、きょうも歩かない、朝霞市の隅から隅まで回り、市民の声を聴かない」


「まさしく、鬼畜、朝霞市の寄生虫、立場はコロコロかえて、昔は隠す、私には通じません」


「せっかく、話し合いを呼びかけたのに、無視して、平気どころが、法理を無視して脅迫まがいのメールを、送りつけ、返信無用」


「「黒川滋先生は、戦前の東北出身将校だったら、お似合いですよ、話せばわかる、問答無用!!!!」


「まあ、貴方は、人間失格ですから、朝霞市議も、失格ですし、私とて人間の尊厳と、正当なる権利がありますので」


「でも、鬼畜の差別主義者には、選民思想で、お前には、そんなものはない!!!!!!!」


「よくもまあ、綺麗事を並べ立てて、お澄ましできますね、人間のクズ、私は貴方の過去を知っている、ゆつくり、公表しますね」


「朝霞市の寄生虫にして、鬼畜、人間のクズ、社会のダニ、人権ゴロ、差別主義者、ファシスト、スターリニスト」


2016.03.16

3/17 あす9:00から一般質問します

市議会が、議題にかかわらず市の事務の全般を対象に質問できる「一般質問」が今日から始まっています。

きょうは、駒牧議員の子育てしている人への情報提供、遠藤議員、山下議員の地域福祉、田原議員の医療・福祉の連携、かしわや議員のPTA活動からの質問などがよかったと思います。
一方では問題発言と思われることもあり、外から朝霞市がどういうふうに見られているのか考えてもらいたい、と思ったものです。発言がひどいのでぼやいた議員に対して、応援団の傍聴席からヤジが飛び、議長も制止せず、ワイマール末期かと思いました。

●あす9:00~の市議会の一番で、私の一般質問を行います。
ライブ配信へリンク
テーマは、
1.地方創生
2.羽田新航路
   次の想定されること・防災対応・今後の対応
3.分譲マンション政策
   管理組合の相談支援・管理組合の情報交換・地域防災との関係・自治会との関係・長期的な課題
4.ごみ収集・廃棄物処理
   外国籍市民への案内・収集の人員体制と安全・新炉建設の考え方・ディスポーザーの規制
5.貧困対策
   各調査の対応
6.子育て政策
   妊娠からの切れ目のない支援・保育政策
7.通学路等の安全
   通学手段の自由と安全のかねあい・部活動での移動
でいつもより短めに終わらせたいと思っています。

| | コメント (0)

2016.03.12

3/12 2000年代保育園政策はどう展開されたか~待機児童問題の誤情報による責任論を回避するために

「国会議事録で調べると、民主党政権で子供手当ての財源確保のために公立保育園などの補助金を事業仕分けで削減したために待機児童が増えてた。地方も都市部も一律対応した民主党政権の負の遺産でした 」
というデマがツィッター上で流布しているみたいです。結果からいうとそういう事実はなく、むしろ、2009年頃から、首都圏の自治体では保育園を急増させているので、数字だけみると逆の現象になっています。

保育園を増やしたか減らしたかに関しては、自民党政権も民主党政権も功も罪も党内での意見の割れもあって、結果として保育園を増やす方に動いてきたというのが事実です。

日本の場合、保守政党がイデオロギーとは別に、私立保育園の一部を票田に組み込んでいるし、自治体首長や議員も保育園の政策をやっているので、イデオロギーや政党の対立によって待機児童問題に影響は与えていません。そこを無理に政局にするのも、どうかと思っています。

一方で、蓮舫参議院議員は「保育所関連施設を事業仕分けの対象にした、との間違いが時々見受けられますが、そもそも自民党が一般財源化したもので国 の予算ではないためあり得ません」といい、玉木衆議院議員は「民主党が事業仕分けで保育所関連経費を削減したとのネット情報があるが、全くのデマだ。公立 保育所の予算は小泉政権時代の「三位一体改革」で平成16年に運営費が、福田内閣時代の平成20年に整備費が、それぞれ一般財源化されており、そもそも国 の予算ではなくなっている。」と反論しているが、どうも反論としては断片的な事実で反論しているだけで、一般財源化そのものは民主党も推進してきたことか ら、さらに誤解を広げる展開になるのだろうと思います。

民主党が待機児童対策など保育園政策に定見を持っていたかという謎は、中公新書の「民主党政権 失敗の検証」の「第五章子ども手当-チルドレンファストの蹉跌」を読んでもらいたいものです。そのなかでは、それほど保育園政策そのものに熱心ではなかっ たことが、子ども手当というわかりやすい政策に飛びつかれたことが書かれたことが明らかにされています。
民主党政権下の保育園整備は着実に推進されていますが、その原因は一部の良心的な議員が注目されないところで整備の仕組みを守って、2007年~今日まで 続く保育園増設を基調とする待機児童対策が取り組まれてきた、ということが言えます。そのことは政権交代でも壊さずに来たということが言えると思います。

●十分な資料が手元にないので一部不正確な認識があるかも知れませんが、1990年代後半からの保育園政策を以下整理してみます。

» 続きを読む

| | コメント (0)



なんと言うか、専門だけは、良いと思いますが、ダメならダメって言えないのは問題ですよ?

「きょうも歩く」ではなく「きょうも読書」「きょうもテレビ批評」なんて名前変えたらいかがですか?

何度も書いているように、黒川滋先生のブログやTwitterには、人の息遣いが感じられません。

制度万能論と権力万能論で、何ができるのでしょうか?

視察も、行きました、見ました、担当者に話聞きました、全部公費なんですが?


まさしく「朝霞市の寄生虫」「偽善者」「いい人ぶる悪魔」まあ頑張ってください。


次ありませんから。

2016.03.11

3/10 斎藤杏奈さんの捜索にご協力を

朝霞市の中学生で、失踪して2年になる昨日、斎藤杏奈さんの捜索をよびかけるぢらし配布に参加してきました。

情報が途絶えていて、目撃者や不審だと思う情報を寄せていただくことが大事です。
市・警察・中学校ともに探し続けています。
早く戻ってこられることを祈っています。

| | コメント (0)

確かに、心配ですし、早く発見されご家族のもとに帰られる日を願いますが。

黒川滋先生のブログに、載ったのは初めてでしょう?

捜索隊にでも参加していらっしゃいますか?

アリバイのように、一度だけ、書き込む、無意味とは言いませんが、なんだか取って付けたような感じは否めません。

毎日毎日、載せるかブログのページトップにでも、情報提供の呼びかけしたらいかがですか?

もし、喘息ならば役立ててください、もう良くなったのなら、笑ってください。

喘息治療のガイドライン→今は「喘息予防・管理のガイドライン」

アトピー治療のガイドライン→今は「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」

まあ、12歳のモルモットとしては、かなり上出来。

毎年かわかりませんが、改定を続けています。

ところで「ぜんそく日記」使っていますか?

あと「ピークフローメーター」

ぜんそく日記は、昔、喘息手帳でしたが、考案したのは、主治医の一人

地獄か、それとも収容所か?

しかし、開き直って、進んで治験者たらんとした、甲斐がありました。

また、ガイドラインには、レベルが付いています、把握していますか?

もし、喘息が悪いのなら、ネブライザーをお勧めします、昔と違いコンプレッサーから轟音ではなく

超音波加湿器の原理を応用していますし、軽くなり中々良いみたいです。

ちなみに、喘息のガイドラインも、最初にできた、版ではこれまた、主治医でした。

まあ、モルモットだから

生活のアドバイス、うるさい主治医なら、色々言ってくるだろうし、病院には必ずとはいかないが、パンフレットがあります、ぜひ実施して欲しいと思います。

腹式呼吸身についていますか?

逆式呼吸は、難度が高いので、複式で大丈夫。

また、緊急事態の時は、躊躇なく救急車を読んでください。

間しのぎですが、ミドリ安全からO2パックが、発売されています、軍オタらしく申し訳ありませんが、固体酸素を使っています、そのために熱くなりますのでご注意ください、酸素放出量は、約10分ですが、二本あれば、20分持ちます。
よろしければご検討ください。

ピークフローメーターと、ぜんそく日記は、かなりの工夫、要するに見えないものを見る工夫。
子供は主訴が伝えられない、だから喘息発作などから、病のリズムを可視化した、優れもの。

今は私は使っていませんが、中々良くできていますし、改良を加えています。

良い医者の紹介もしたいのですが、それよりお子様の喘息が気掛かりです。

ホクナリンテープを使っていますか?

昔は錠剤でしたが、おかしいので主治医に聞くと、飲むと急に血中濃度が上がり、また急に下がる。
てっきり、徐放剤になるかと思ったら、テープとは、驚天動地でしたが、のちのちこれは薬の革命だと思いました。

また、薬には何種類もあり、医者の経過観察と、組み合わせがでます、また大したことないアドバイスですが、連絡を、いただければ、飲んでいる薬や、環境についてある程度アドバイスができます、遠慮なくどうぞ。

大分以前に、メール差し上げましたよね?

また、散々私の人生破壊して、かつ無知からくる、Twitterやらなにやら。

法律は誰の味方でもありません、利用する権利があるのみ。

「結果」タミフルには、害がない、正し妊娠の時間だのうるさいですが、需要範囲です。

11/21 栄光と挫折

ここ数ヶ月さぼっていた地域福祉計画の委員会に出席する。
委員会の運営に行き詰まり感が漂う中で、新しいやり方を模索するタイミングに来ている。しかし、その議論が迷走しがちだった。

原点とは何か、いろいろ考えた。なぜ一般市民だけの委員が集められているかということを考えた。
市内の福祉力を上げること、よしんば、福祉に関心のある市民をつくり、支援を必要な人に何かできる人の割合を少しでも増やすということを考えるべきなのだろうと思う。

こうした会議には、そもそも何が求められているのか、という原点を考えながら議論することが大事だと思った。

●「顔のない男 東ドイツ最強のスパイの栄光と挫折」を読む。東ドイツは共産圏でも人口比で最も多い秘密警察を持っていた国だということを知る。 190万人の秘密警察がいたといい、この数字の多さは、日本で、地方公務員と地方公務職場の臨時・非常勤職員の合計の数字が195万人ということから、そ の多さがわかる。しかも東ドイツは日本の人口の3分の1未満ということだ。

はあ、黒川滋先生は、人材の機知や、当時の人々の感覚を体験してますか?
ならば、調べてください

2007.12.30

12/29 朝霞市議会の敷居の高さ・壁の厚さ

だけれども、当選されたことは、素直に喜びました。


貴方様は、踏みつけろーって、そんな


ミスをしていても、黒川滋先生は気が付かない、長き友情の果てに、破たんするのもよし!!!!!!!!!!!


そういえば、最近きょうも歩くや、最初の軍事指導は、私のパクリ、後は無知からくる

誤解や錯覚。


でも、お子様まだ義務教育でしょう?


それこそ、貴方のお子様や配偶者の為に、試行錯誤だったと思いますが?


障害者の為に、動くふりでしょう?


まあ、福祉というものは、様々な利害の調整、日本は中福祉、中負担、ですが「スェーデン」のような、高福祉・

高負担の国もありますが?


朝霞市で、範囲内として、何かを行う、間違いではありません。


ただ、精神障害者の福祉が、もっとも遅れています。


どう思いますか?


厚生労働省になぞ、毎回問い合わせています。


黒川滋先生、お願い申し上げます、朝霞市議黒川滋先生の福祉について、何らかの形で組織を造ってはいかがですか?


やはり、「面倒だから」でしょうか?


では失礼致します。

ほっとしていらっしゃいますか?

いえいえ、主導権はこちらにありますから。

それにしても、情けないですね、黒川滋先生。

朝霞市議たる、自覚もなく、評論というか、感想文やらで口先ばかり。

まあ、また俎板の鯉ですから、お忘れなきように。

では、失礼致します。

3/3 10年前の朝霞市の保育・子ども政策の策定を思い出す



3日の本会議議案質疑で、2006~2015年度まで朝霞市の子ども政策の中心となった「あさか子どもプラン廃止条例」に質疑しました。
この計画の成果と積み残し課題の答弁を求めました。その質疑をするにあたって、計画策定時の保護者たちの動きを思い出しました。

計画策定は、2004~2005年度に行われました。
その頃、数こそ10人程度でしたが、保育園だったり、子どもの遊び場だったり、母親の孤立だったり、発達障害の子を抱えている母親だったり、今なら当たり 前、子どもに関していろいろな問題意識をもった保護者が計画策定に関与させよ、と役所におしかけたことがありました。私もその一人として、子どもをだっこ ひもで担ぎながら市役所に行ったり保護者どうしの作戦会議をやったりしたものです。
さらに、当時、東洋大学ライフデザイン学部の学部長で社会福祉研究では権威の古川孝順先生が検討会の座長に内定していて、先生から保護者達が東洋大学の学 部長室に呼び出され、保護者たちに計画の下書きさせるようなことをしてもよいのではないか、ということでその仕組みを考えるところまで進んだものです。
担当課の困惑をはじめ、いろいろな事情で、自己決定を求めた保護者の望みは断たれましたが、担当職員はその保護者たちが何を望んでいるか、火だねは残してくれて、今日の保育園の増設や、プレーパークの開設、児童虐待に対する積極的な対応体制が組み立てられてきました。

今、そんな動きがあるのかな、と考えることがあります。もちろん政策の完成度は高くなったし、子ども政策の改革に先入観や見えないところで抵抗をす るような人も少なくなりましたが、一方で、子ども子育て会議も多様な保護者がいるわりには議論も低調だし、保育園運営審議会に保護者代表がいなくても平気 な運営になっています。

●当時、いろいろ嫌なことを言ってしまった相手の担当係長が、議場に出世して幹部職員としておられました。とても感慨深いものがありました。

●5日、某所で保育園制度の地方分権をさらに推進せよ、という報告を聴いて、そうなんだけども当事者参加とか自己決定権の議論が欠落した保育の地方 分権では、政策の決定権が、厚労省の専門的勉強をしている官僚から2~5年に1度異動をする自治体職員に置き換わるだけで、さらにはお客様的市民を増やす だけではないか、と思いました。最近話題の育休退園にしても、保育の入所点数による輪切りにしても、結果にいかんいかんと言うのではなく、当事者にも決め る場に出させろ、って求める面がもっとあるべきなのでしょう。

●もうじき私も保育園政策の当事者ではなくなります。若返りが遅れ、女性参加が後退し、単身赴任者が増加する朝霞市議会のなかで、保育園のことで当 事者として骨身にしみて、仕組みを改革したいと思う人材が必要です。今や朝霞市の財政の8分の1を占める政策分野です(人件費を県が負担する小中学校の運 営経費を保育園同様の市財政に経由する方式に変えたらぐっとウエイトが減りますが)。

| | コメント (0)


「もう10年たちますか、まあ黒川滋先生の、誹謗中傷、差別に誣告、冤罪捏造から10年ですね」

「当時者でない限り、動かない、知らないのに口先は達者、評論家業みたいなツイート、世界の狭さは、変わりませんね、黒川滋先生」


「いや、さすがに高級分譲マンション買ったけれども、しばらく一人暮らしだった、理由までは、書けませんが」


「あと、日付と書き込みの、ズレって何とかなりませんか?」


「明日あたり、公示送達でも届くのですかね?」


「ならば、こちらも対策をするだけですが、まあ大丈夫ですよ、何年も市議の先生続けて、そのうち、居眠り議員の仲間入りでしょう?」


いや、失礼しました、もう目を開けたまま、寝ていらっしゃいますから、貫禄が付いて、先生と呼ばれ、理屈だけで

全く動かないのは、昔からですから。

2016.03.06

3/5 東上線のダイヤ改正の一部が見えています

それは、確かに、志木駅徒歩10分の高級分譲マンションにお住まいなら、ご自分のエリアの話になるのは、当然

ですが、JRやバスで通勤されていらっしゃる方々は、意識にないのがいかにも黒川滋先生らしいですね。


JRの新駅とか、バスの増便なんかは、あまり関係ないのですか?


相変わらず、世界の狭さは天下一ですね、朝霞市全体の皆さまのためにではなく、ご自分の利益誘導を、正義に置き換える中々素晴らしい。


変わっていませんね、昔からいやさすがは黒川滋先生。







でも、黒川滋先生、ある生き物が苦手でしたね?

克服されましたか?

「蛇」貴方は、大の蛇嫌い、もし朝霞の森で、蛇が繁殖したらどうしますか?

自然を守れ! 蛇は殺せ!

そうなるでしょうね。

今は昔、北海道は札幌時代、前回の教訓から、政治家のお嬢さんとお付き合い。

あれっ?

あわよくば、札幌から政界に打って出る予定だったのでは?

まあ、上手くいきそうになると、毎回破局、貴方は妥協できない方ですから。

蛇嫌い、の話で揉めて、破局は仕方がありませんが、相手の方への誹謗中傷はやめましょう?

まあ、貴方らしですが。

では、失礼致します。

2004.12.08

12/8 富士通をほめる

我が家のコンピューター+電話回線騒動が一段落つきそうだ。

ことの発端は、ISDNしか入らなかった私のマンションが、やっと東京電力のテプコ光が入り、ブロードバンドが可能になったことで、それを導入したことだ。
今回、多くの問題にぶちあたり、かれこれ10日以上問題解決にかかったが、終始丁寧に対応してくれたのは富士通とその子会社のニフティーのサポート。24時間だったのもありがたい。

ところがダメダメは、テプコ光を売る東京電力と、Windowsのマイクロソフト。
実は、テプコ光に対応したLANカードを使うには、WindowsMe以上のOSが必要なのだが、我が家のOSは両方とも98。OSをバージョンアップし ようにも、ハードディスクが限界で、苦労したり失敗したり。マイクロソフトに、その相談はをすれば、パソコン本体を売った富士通にたらい回ししておしま い。しかも19時には一切の窓口を閉じる。いろいろ調べたが、電話を掛ける先も、全然見つからなかった。独占的に提供されているOSは社会インフラともい える、それをフォローする会社のそのような対応は、独占企業の怠慢と批判されても仕方がない。
テプコ光は、回線屋なのに、回線に関する質問は何一つ答えられず、すべてニフティーにたらい回し。
光り輝くマイクロソフトと東京電力。両者の高収益は企業努力じゃない。面倒な仕事を立場の弱い会社に押し付けているだけなのだ。

富士通批判をいろいろ聞く。確かにそういう問題の抱えた会社なのだろう。しかしこうした困ったとききちんと対応してくれるのがよかった。高いソフト ウエア代も開発コストとフォローの費用と聞いている。利用者にとってのメリットはフォローでしかない。それをきちんとやりきっている会社はもっと誉められ ていいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)


「最近おもいます、貴方にとっては、利用できるかできないか、昔から親友でも何でもなかったんですね。」


「では、地獄への道は善意で敷き詰められている」

2004.10.11

10/11 糾弾すべし


2004.11.13

11/13 アンチワンストップサービス

まだ、私への誹謗中傷のすさまじさ、まあもう手は打ち始めています、とっくに貴方はトラップに引っかかったのに。


(笑)


2004.12.16

12/15 聞いてはいけない話

ちょっと前までは、人の話を聞かない、という姿勢は、国会議員のように1つ1つの話に対応していたらきりのないほど忙しい人か、天皇のように偉い人 しかやってはいけないたしなみと思っていました。私のような偉くもなく、人並みよりちょっと忙しい程度の人間は、どんな話しであれ、一度は聞かなくてはな らない、というような義務感に囚われていました。

このブログを読んでいただいている方はわかっているとは思いますが、私は他人より理屈っぽい。法学者のような、ああでありこうであり、ああといえば こうもいえ、というような結局何が言いたいんだと言いたくなるような小理屈を延々、ということはありませんし、理屈の精緻さに問題はありますが、でも理 屈っぽいですね。

そんな自分の性格の引け目をよくわかっていてか、あと、人の言い分も聞かずにわかったよなう顔をして、ふん、とくわえタバコをするような人があまり好きになれないせいかも知れません、どんな人もシャットアウトせず話を一度は聞いてみなきゃ、と思ってきたわけです。
また前職では、在職期間の5年間、職場では一番の最後に入社した社員であったこと、今の職場では、電話を率先して取る習慣がないため、結局、いろいろな面倒な電話を聞く立場におかれ続けてきたことも、そうした習慣になってきたと思います。

しかし、聞くことによって、応えなくてはいけない、聞いたことによってトラブルがどんどん肥大化していく、ということが、あるんですね。ふんっ、っ てくわえたばこをして、「それで?」という顔をしたり、気むずかしそうな顔をして聞かなかったことにしたほうが、人を傷つけたり、困らせたりしないで済む ことが多いなぁ、と思うことが増えています。また、聞いてしまうことで、自分の立場が疑われたりもすることもありました。そうして私も、電話を取らない人 になっていっていることに気づきました。

そんなんで最近は、本当電話が苦手です。私的な時間では、気心知れて、この人は何も害毒にならない、とわかる人しか電話に出られなくなっています。 近畿方面の方は電話を遠慮するという風習が見られませんが、そうした感覚の方にはなぜ電話に出ないのか、と怒られている方もいると思いますがご容赦くださ い。早くこの神経質な状況から自由になりたいと思っています。

今日は何だかよくわからない日記ですね。すみません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)



「電話が苦手?昔はそうではなかったのに?しかも毎回非通知、理由は「掛け直されると面倒だから」


仕事しろ!


仕事しろ!


仕事しろ!

2016.03.04

3/4 私の一般質問は17日冒頭に決定~3月定例市議会の一般質問



3日の市議会本会議で、一般質問の割り振りが決定し、一般質問の通告内容が明らかになっています。私は17日9:00~となります。
3月定例市議会の質問通告書(pdf)

●一般質問とは、議案に関係なく、議員が市政全般のなかから行政に質問できるものです。対象は市役所の行政事務に関するものです。

●一般質問割り振り(敬称略)
3月16日(水)10人
駒牧(公明)、遠藤(公明)、岡崎(公明)、津覇(輝政)、田原(輝政)、大橋昌(輝政)、かしわや(輝政、)獅子倉(輝政)、山下(輝政)、大橋正好(無ク)

3月17日(木)7人
黒川(無会)、松下(絆)、須田(絆)、本山(公明)、福川(輝政)、小山(無会)、利根川(公明)

3月18日(金)4人
田辺(無ク)、山口(共産)、石川(共産)、斉藤(共産)

※発言順は、質問通告の提出順です。
※発言の日割りは、議長が、過去の質問実績に応じて決定しています。
※会派名略称 無ク…無所属クラブ 無会…無所属の会

| | コメント (0)



「また、質問して、はいお終い、議段の飾りなら、人形とレコーダで十分でしょう?」

3/3 財政民主主義の観点や来年度新規事業のチェック~議案への質疑:予算編


2016.03.04

3/3 財政民主主義の観点や来年度新規事業のチェック~議案への質疑:予算編

3月定例市議会の議案の、本会議での議案質疑が3日9:00~22:50に行われました。
2016(平成28)年度予算に対しては、6会計に対して8議員から行われました。

私は、一般質問に関して、予算の情報公開、景気判断と予算規模、市の借金や貯金の内容、税収見込、新規事業の内容などに質疑をいたしました。

また私の他には、共産党の石川議員が2014年度にカットした福祉サービスの復元の内容や考え方、公明党の利根川議員が財政再建のあり方、田辺議員 が総合計画の串刺しの理念がどう反映されたのか、などに質疑を行っていて、私が聞こうとしたこと、問題意識に思っていることに近い質疑をおこなっていただ きました。ほかには、遠藤、大橋正好、山口、小山議員から質疑が行われています。
今回は共産党の3議員が、予算の細目ではなく考え方に絞って質疑を展開したのが印象的でした。
田辺議員の指摘で気づきしまたが、大型公共事業に関する私の質疑に対して、ファシリティーマネジメント(公共事業の総合管理)の言葉が出てこなかったのが失敗でした。目だし事業に、ファシリティーマネジメントの記載が前置され明示されることが残念でした。

本会議での予算に対する議案質疑に形式的規制があるなか、実際にはどこまでに展開するかは、議員全員に問題意識を共有する、市長在席のところで問題提起する、議会中継や議事録システムに掲載する、という観点との兼ね合いで難しい模索です。
全体規模の予算委員会がないこと、予算の根拠条例・要綱の参照情報や積算など詳細説明文書が提供されていないことなどで、議論が膨らんでしまう部分はあると思います。

●私が行った詳細な質疑と、その答弁の内容は「続きを読む」以降をご覧ください。

【第4号 平成28年度一般会計予算】
〈予算編成と情報公開〉
Q.条例化する必要のない行政事務は、予算に書き込むことで役所が執行する権利を得るので、予算は強大な権限を持つ。その予算案が、2月下旬の議会運営委員会で議員に提示されるまで役所の外に出てこない。(国のように)予算編成過程の情報公開を行うべきではないか。
A.当市は、事務事業評価を行い、実施計画の策定、事業採択、予算編成方針の通知、予算要求、査定、予算の確定が予算編成過程。この過程の情報公開は大切 なのでそのための研究をしたい。事後においては予算編成方針や予算要求額と確定額の対比表はホームページで公開している。
Q.予算書に書かれた金額が、どのようなサービス形成をするのか積算根拠や内訳などの情報を提供されるべきではないか。
A.予算書のなかでは人件費の人員数などは書かれているが、詳細な説明資料は作成していない。現在の財務会計でそうした資料の作成はできないが、他市町村の事例などをみて調査研究したい。
〈予算のあり方〉
Q.総務省の地方財政計画では0.6%増となっているが、朝霞市の場合3.5%・13億円増の予算拡大になっている。中東や中国の経済収縮が不安定要素になっているなか、拡大予算で大丈夫か。
A.景気には十分留意したいが、朝霞市の場合、社会保障関係経費が増加したり、国の補助事業による事業が増えているなかで拡大している。
Q.財政の安定性を強めるために、中期財政計画を策定して、サービスがカットされたり復活したりすることは回避すべきではないか。
A.毎年策定する向こう3年の実施計画に合致させながら財政推計を策定している。大型公共工事などはどのくらいかかるか不明なので、財政推計としたい。
〈資産・負債の異動〉
Q.財政調整基金の見込みは。利根川議員の質疑の答弁で、15億円の到達が目標としたが満足点ではないとした。西東京市が財政再建目標として「標準財政規模」の10%(22~26億円)という基準値を打ち出しているが、どう考えるか。
A.2015(平成27)年度末で15億円に到達する。2016(平成28)年度で前年度繰越金を4億5000万円と記載しているが、その実現のためには同額を財政調整基金に積むために9億円の前年度繰越金を要する。
Q.市債(市の借金)の残高の見込は。再来年度以降の新規の借金は現時点ではわからないので、来年度以降ないものとしてどのような数字になるか。
A.2016(平成28)年度末で289億円で、その後新たに借金をしないとすると2017年度末で261億、2018年度末で233億、2019年度末で206億、2020年度末で179億円となる。
Q.これに新たに毎年15~20億の新規借入が加わるので、2020年度末で250億円ぐらいの残高に低下していくように思われるが、それにしても差額 10億円近くの借金返済と、4~5億円の財政調整基金の復元であわせて15億円が負債の整理や貯金の積み増しに使わざるを得ない事情を市民に説明していか ないと、なぜ市役所がこんなにお金がないか市民は理解できないのではないか。
A.その必要性は認識している。
Q.今年起こす19億円の借金のうち、国が地方交付税で返済の財源を手当てされる分は。
A.合計11億8903万円で、事業債では5億8603万円、(地方交付税の肩代わりで借金する)「臨時財政対策債」では6億300万円。
Q.臨時財政対策債をはじめ、国が地方交付税で返済の財源を手当してくれる借金はありがたいが、地方交付税の計算式を変えて不交付団体になった場合、自治 体の歳入のなかで返済しなければならなくなる。臨時財政対策債は借りなくても返済財源は手当してくれるので、借りない工夫などしないのか。
A.現金不足の逼迫は深刻で、市民サービスを著しくカットしないためには活用せざるを得ない。
Q.予算書には現れない土地開発基金の出入りは。
A.基金の保有地のうち事業化したものから636㎡1億0105万円を一般会計に買い取らせ、新たに道路予定地として535㎡9993万円を購入する。
Q.日銀のマイナス金利で、市中金利が大幅に低下しているなか、市債の金利を上限4%としているが、議会に授権させるには高すぎる話ではないか。実際に借りるときには金利の入札などで市中の最低金利が適用されているが、釈然としない。
A.借り換えを必要とするものもあるので、弾力性を持たせてほしい。
〈歳入〉
Q.総務省の「平成28年度の地方財政の見通し・予算編成の留意事項」という通知文では、市町村の個人市民税所得割1.1%増、法人税割6.4%減、固定資産税1.3%増と案内しているが、朝霞市の予算は少し違うがどのような事情か。
A.正確な予算計上を期するために、毎月勤労統計調査など実際の結果に近づきやすい統計を活用して予算に計上している。その結果、個人市民税は課税所得者 が増える一方税収としては0.1%減、法人市民税は7.5%減、固定資産税では家屋の新築増525棟から2.6%増と計上した。
Q.つまり、家屋が増えたり納税者が増えて固定資産税は増えた、1人あたりの所得は減少、法人税は国がカットした6.4%を上回る部分は企業がなくなったり企業の所得が低下した、ということか。
A.そうである。
Q.地方交付税の特別交付税が概算要求より急増しているが。
A.国からの交付結果を見てみないとわからない項目なので、過去の実績から計上している。
〈歳出〉
Q.大型公共工事の設計費など、目だし事業が多いが、市としてその必要額など内部資料であったとしても計画化されているのか。
A.そういうことはしていない。各部で計画化している。
Q.オリンピック景気にぶつけるような新築計画など見直さないのか。
A.必要性があるので進めたい。
Q.憩いの湯(ゆ~ぐうじょう)の解体経費が高いが。
A.分別収集の手間でコストが上がっている。
Q.職員研修の見直しでは。
A.平成25年からやめていた自治大学校への派遣や、税務研修などを復活させた。
Q.住民票のコンビニ交付に関して前の小山議員の質疑でそれなりのお金がかかるとうかがったが、現状の住民票交付件数、コンビニ交付の前提となるマイナンバーカードの交付数はどうか。また住民票交付に関してコンビニ店員が介在して情報漏洩することはないのか。
A.住民票は年間7万3721件交付している。マイナンバーカードは切り換え申請が1万0331件申請され、現在までに2951件交付されている。コンビニ交付にあたっては、多機能コピー機で本人が直接操作するため、コンビニ店員が介在することはない。
Q.障害者ふれあいセンターの賃借料が高いので見直すよう委員会審議で話になっているが今回の予算ではそのまま出てきている。賃料の根拠がよくわからないので再度説明願いたい。
A.建設費4億2000万円の利回り10%と設定して年4200万円としている。契約期間は20年である。
Q.2016年度から保育園に入る児童に200人を超える待機児童が発生し、家庭保育室でも収容できない状況のなか、保育園整備が不可欠の前提がある。保 育園入所希望者は12月3日締切段階で見えているはずだが、予算総計主義の前提のなかで、予算として計上しなくて問題ないか。
A.新たな施設整備が必要と考える。安心子ども基金の活用などを考えながら整備を進めたいので補正予算として検討してきたい。
Q.地球温暖化対策費となっているが、市内全体の電力量マネジメントはできるのか。
A.エネルギー会社から情報提供を受けられないが、検討していきたい。
Q.労働費があまりにも少額だが、勤労者の住むまちとして勤労者保護行政をどうするのか。
A.ハローワークが市庁舎横に移転してくるので連携しながら事業を進めたい。
Q.都市計画決定をするというが、その内容は議会を通らないのでここで確認しておきたい。
A.5年に1度実施する。今回は、基地跡地利用計画の改定、根岸台5丁目土地区画整理事業、都市マスタープランや第5次総合計画で検討している旧第4小学校、254号線沿線、積水化学工場跡地なども検討して決定する。
Q.消防団の退団者に対する報償金が改善されたときに、消防団支援法の趣旨をふまえて在団者の報酬も改善することを問いかけたが、その後どうなったか。
A.県内水準より高いので現在のところこのままである。消防団詰所の整備のほか、訓練・装備を充実して活動環境を改善したい。
Q.学校給食民間委託するのに、予算が膨脹しているが、行革効果がないのではないか。
A.初年度は混乱をなくすために年度途中で委託を開始するので、定年退職者の退職時期3月末までの人件費と、委託先の正規職員人件費分が重複するため。それがなくなると3年間で450万円、年平均143万円の行政改革効果である。
Q.日本語支援が定着したが、ここのところ朝霞市に住む外国籍市民の国籍が多様化している。それに対応できているか。
A.現在のところ問題はないが、国籍の多様化は課題だと考えている。生徒の孤立を防止することが問題回避に重要なので取り組みたい。
Q.博物館などで戦後史、基地やベッドタウン化などの蓄積は検討したか。
A.必要だと考えている。

【第6号平成28年度都市計画下水道特別会計】
Q.総務省から公営企業会計への移行を求められているが、実施するのか。
A.平成29年度から着手して、32年度には移行したい。
Q.現金会計の現在は資金繰りだけでよかったが、これに資産・負債の管理、収支の管理が加わり硬直化するのか。
A.公営企業会計に移行を進める。

【第10号平成27年度一般会計補正予算】
Q.3月31日までの年度のなかで、3月24日に可決する予算を提出しても、実際には継続費や繰越明許費などで来年度に消化される。国が1月に決めた平成 27年度補正予算による事業押し込みと、役所内の現金の事務ですぐ精算できる2015年4月遡及改定の人件費などを除くと、計上するのはどうなのか。ま た、実績にあわせて予算額を変えてしまうことは、PDCAサイクルという観点からは予算実績管理をわかりにくくしないか。
A.事業費の確定にもとづき100万円以上の予算額の減額を行っている。新たな財政需要の対応など、補正予算を行っている。
Q.財政調整基金を積んでいるが、年度末にあわててやる必要性があるのか。そのまま決算を迎えて、剰余金として処理する方が適切ではないか。
A.大幅に余っているものは、基金として処理しないと、剰余金や、平成28年度予算の前年度繰越金が安定しないために行っている。
Q.地方創生の財源で行う、アメニティーロード化事業は、追加の内容か。
A.アメニティーロード化事業だが、昨年度の実証実験の範囲ではなく、新たな調査であり、一方通行化すると決めて実施に向けて調査をするか、実施が無理ということなら新たな対案を提起するためのものである。
Q.福祉給付金の電算コストがかかりすぎているが、システムの工夫で抑制できないか。
A.国が全額補助されるので進めたい。

|


 

「相変わらず、お話は上手ですねファシスト黒川滋先生。」


「でも、しょせん労働貴族上がり、心がこもっていませんね、行政手腕は買いますよ?」

「政治オタクと選挙オタクなんですから、朝霞市議とて荷が重いのはわかりますが?」


2/28 来年度予算のご説明をいたしました

28日13:30~16:00、市議会に来年度予算案が提案されたことを受け、市民・支援者に向けて「2016年度朝霞市のしごと説明会(市予算説明会)」を開き、来年度の朝霞市の仕事がどのように変化するのか、予算の課題などをご説明いたしました。
2年前から毎年、この時期に開き、予算に対する課題や、問題意識を意見交換しながら高めています。

ご参加いただいた方からの、多くの質問、意見がまた、議会質疑に視点をいただいています。

2016年度予算で説明した論点は、
・税収の割に膨脹気味の予算規模
・変更点の少ない(新しさや改革的なものも、不利益変更も少ない)内容
・2015年度に財政事情からカットした事業の一部復活
・大型ハコモノ公共事業の頭出しが目立ち、将来の資金不足を憂慮される
・順調に減少している市の借金と、その急激な返済によるキャッシュフローの重圧
・細かい購入奨励型の補助金がぞろぞろ増え始めている
・基地跡地の具体的利用と高齢者介護の計画策定が始まる
など。

年度末の7日程度しか執行期間がないのに、寄せて集めて節約したふりして翌年度にまたいで使い切ってしまう3月補正予算の問題などもご案内しました。
改選後はじめて開いた、公開の集まりでしたので、当選後の市議会の会派(議会内)様子などもお話いたしました。

いただいたご意見や論点としては、
・人口増をめざすのか縮小均衡をめざすのか世代間バランスを是正するのか
・財政規律をきちんとしているのは誰なのか
・市役所のなかの政策決定はどんな風に進めているのか
・旧第四小跡地の利活用のあり方
などなど。参加者のみなさまからの随時の問いかけ、ツッコミをやりとりしながら進めました。

|



「いつも思うのですが、どうせ一日テレビ批評しているなら、書いた時間と、日付合わせたらいかがですか?」

 

「・人口増をめざすのか縮小均衡をめざすのか世代間バランスを是正するのか
・財政規律をきちんとしているのは誰なのか
・市役所のなかの政策決定はどんな風に進めているのか
・旧第四小跡地の利活用のあり方」


で、どのように、解決するですか?

また、市議会で質問、それで終わり。

いいですね、何も解決しなくても、お給料と名誉と、先生なんですから。

22時間22時間前

くろかわしげるさんが松田公太をリツイートしました

小室直樹先生じゃないけど、アメリカから日米安保が破棄されたり骨抜きにされる事態を検討しなければならない時代に入ったし、その舵取り間違えると、外交も世論も不安定な時代になるのかも知れません。

「人のネタ、相変わらずパクッて平気ですな、故小室直樹先生の本、私が紹介して貸したのに。」


でも、貴方は軍事音痴もいいとこ、しかも「マックス・ウェーバー」「支配の社会学」も知らない人。


その、本当に意味するところは理解できていませんね。


朝霞市議より、評論ゴッコして食べたらいかがですか?

風邪をひいていまして、また再開いたします。

ログも取ってありますし、過去の資料も記憶もまとめました。

では、失礼致します。

黒川滋先生、もちろん恋人の方がいらっしゃいまして。

上手くいっているので、このまま社会人になれば、結婚されるのかなぁと思っていたら。

泣きながら、電話で破局の話がかかってきました、なるべくなだめて、話を聞き「まあ人生色々あるからまたいい人と出会うよ」と言っていたのに、逆切れ。
「キチガイになりたい、記憶喪失になりたい、」なんて言うものですから、私は四人兄妹の三男、次兄は統合失調症を、高校から発症、苦労しました。
だから、「キチガイになりたい、記憶喪失になりたい」間違っているので、色々なだめていたのですが、やはり当時は、中々兄弟に精神障害者がいると言いにくい時代。
で、仕方がなく、「私の次兄あった事あるだろう、かれは精神分裂病だ」まあ、仕方なく言って「別の病気になったら余計苦労する、だからそういう言い方は良くない」まあ、わかったのかわからないのか、知りませんがその時はそれで収まりました。

ちなみに、破局の原因ですが、まあお互い何とか仲を取り持つべく、話を聞いたのですが。

結局、普通の恋人なら、普通にデートしたり、映画や何かのコンサートや、街で色々恋人らしい事がしたいのに、黒川滋先生、その方の興味のない政治的な集まりに、引っ張りまわしてしまい、相手の方が我慢できなくなって破局。

黒川滋先生、もう少し相手の気持ちや、相手の心を読みましょうね。

2/28 28日13:30~中央公民館・コミュニティーセンターでオープンミーティング開きます


「25日に市議会が開会、議案が提示されました。そのなかでは、2016年度の予算はじめ、3月定例市議会に提案する予定の議案が提案されています。

市の年度予算は、市役所の仕事を網羅的に示すもので、その内容が1年間の市役所の仕事を示しているメニューとしての意味もあります。
予算案が示されたことから、市民のみなさまにその内容をかいつまんで紹介する「2016年度朝霞市役所のしごと解剖・予算説明会」を開きます。関心のある方はどうぞご参加ください。

日時 2016年度2月28日(日)13:30~16:00
会場 朝霞市中央公民館・コミュニティーセンター1階集会室
     朝霞市青葉台1-7-1
     駐車場がいっぱいになりやすいのでできるだけ徒歩・公共交通・乗り合わせでお越しください。
内容 2016年度予算の特徴の説明をしながら朝霞役所のしごとの変更点を説明し参加者意見交換
①朝霞市の財政は安全か 収支・損益・キャッシュフロー
②来年度の朝霞市役所の仕事の変化
③予算で反映されていない課題
※お子様連れでも遠慮なく参加できます。
※途中入退室できます。
※参加の方は事前連絡いただけると助かります。」


おや、段々事前連絡が必要になってきましたか?


まあ、私が来たら困りますよね、話し合いのできない、朝霞市議黒川滋先生。


なにしろ、悪いのはお前だ、私は絶対正しい、朝霞市議黒川滋先生、まさしくファシストにしてスターリニスト。


朝霞市民の皆さん、黒川滋先生に逆らったり意見したら、朝霞警察署に捏造で逮捕されますから気をつけてくださいね。

2/29 何党政権なのだ?


「質疑の原稿や通告書の執筆をしながら、国会の質疑答弁を聞いていますが、答弁席に座っている安倍首相から民主党政権の批判・揶揄が長々と繰り返されています。一方では、質問席に座っている岡田民主党代表から、民主党政権の実績をアピールしています。
変な質疑の展開です。一体、何党政権なのでしょうか。」


自治労埼玉、連合埼玉の組織候補、元々日本社会党左派系、活動家崩れ、今は民主党系。


でも、組織候補じゃない!


クリーンな無所属でございます。


本音と建前の使い分けお疲れ様でございます。


それも、朝霞市議なのに、相変わらずの政治評論家気取り。


朝霞市民の皆さま、仕事しない市議さん、必要ですか?

↑このページのトップヘ