偽福祉と保育園の専門家元自治労書記朝霞市議会議員くろかわしげる氏のきょうも歩く書き換えとTwitterでの人権侵害とセクハラと障害者差別の公開質問状及び検証ブログ

福祉の専門家黒川滋元自治労職員朝霞市議黒川滋先生へのきょうも歩く書き換えとTwitterでの人権侵害とセクハラと障害者差別の公開質問状及び元自治労現朝霞市議の黒川滋氏くろかわしげるのきょうも歩く黒川滋左翼黒川滋ブログ黒川滋朝霞市黒川滋 今日も歩く黒川滋 朝霞黒川滋 朝霞市議会黒川滋 左翼黒川滋の経歴黒川滋 wikihttp://kurokawashigeru.com/ くろかわしげる | トップ http://kurokawashigeru.air-nifty.com/ きょうも歩く http://ronzine.net/?a=b&i=bba29fee922b71d74e753f2487e107fd 黒川 滋 - ろんじんネット 消費増税断固反対 - 黒川滋が本田由紀にこんなブログをTwitter https://ja-jp.facebook.com/dankohantai/posts/434646586566286 ブログ「きょうも歩く」黒川滋朝霞市議@kurokawashigeru https://twitter.com/hitujinomura/status/197899978910339072 http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-0de5.html 黒川滋さんのほんとうの正論 http://wwwa.cao.go.jp/wlb/change_jpn/taikenki/h20/sakuhin/3-07.html 赤ちゃんとの初めての生活 http://togetter.com/li/641790 「俗論」に振り回されがちな保育・待機児童問題 by 黒川滋・朝霞市議(@kurokawahigeru) さまざまな角度から黒川先生を検証するブログです

タグ:公務員職権濫用罪

「税金を払えない人を人間扱いしない」
「誣告を繰り返し、障害者の社会復帰の道を破壊しても平気」
「人のプライバシーに土足で踏み込み、誹謗中傷しても当たり前」
「悪いのは、誰かのせい、自分は絶対悪くないと言い張る」
「生半可な、法律で威嚇する」
「己の過去のミスを、責任転嫁してしまい、正義感に浸る」

それでも投票しますか?

せっかく投票しても、立場が悪くなると投票したあなたのせいにされるかもしれませんか?

もうすぐ選挙ですね頑張ってください。

でも、公約に「専業主婦は敵」とか
「税金払っていないと人間ではない」とか
もりこまないのですか?

日本国憲法に、保障された、権利は等しく平等にある。
朝霞警察署は、バッヂの威光、に弱く建前として、警察は平等などと言うが。
市議や県議、国会議員には、配慮し差別を隠さない。

猶予は、与えた、また警察使って口封じ。

通用しない、我々精神障害者は、権利と尊厳を、闘い勝ち取られねば、ならない。

人の世に熱あれ人間に光あれ

福祉の専門家たる黒川滋殿、話し合いを求める。強要罪として、誣告するなら、我々も正当なる権利行使を、行う旨通告する。
逃げて済む問題ではない、日本国憲法に保障された、権利侵害は、あまりにも無謀である、返答を待つ

公務員職権濫用罪の訴状何枚も書き終わりました、あとは検察庁に提訴するだけです。
一度に、何枚も提訴できませんので、何度かに分けて提訴致します。
ちなみに、公務員職権濫用罪は、公務員であった時の行為が問題ですので、ゆっくりお待ちください。

保育園の市議斡旋は、不可能ですが。

前職の時は、色々されていらっしゃいましたね。
まあ、検察庁も動きが鈍いので、待ちます。

主導権は、こちらにあるとお伝え申し上げます。
黒川滋先生ゆっくりお待ちください。

冤罪とは、嫌なものです、しかも冤罪支援をされている方が、自ら冤罪を造りあげ、違法捜査で疑いなど無い事が、晴れたのに、書き換えたブログ、きょうも歩くで、こいつは、必ず犯罪者だと決め付ける。
ファシストも、スターリニストも、逃げ出す、驚異的対応。
何人も令状なしに、拘束されない。
法理を、無視して恥じないのなら、黒川滋先生、貴方が、公務員職権濫用罪で、正式に捜査される時です。
人の人生を破壊しながら、自分がよければ人など知らない。
さすがは黒川滋先生。

lhttp://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/option.html


内容証明郵便には様々なオプションがあるのですよ。

あと不評ながらも、レオパレス21は便利ですね。

正しい権利を行使する、止めたら黒川滋先生貴方が、公務員職権濫用罪に問われかねない。

また、国民の権利は、想像以上に強いのですよ、座学と出張(いわゆる顎、足付)がお仕事ですから黒川滋先生は。

まあゆっくりお待ちください、朝霞市議員黒川滋先生。

さようなら昔の親友

訂正

加筆修正しました

第十節 懲罰

第百三十四条  普通地方公共団体の議会は、この法律並びに会議規則及び委員会に関する条例に違反した議員に対し、議決により懲罰を科することができる。
○2  懲罰に関し必要な事項は、会議規則中にこれを定めなければならない。

第百三十五条  懲罰は、左の通りとする。
 公開の議場における戒告
 公開の議場における陳謝
 一定期間の出席停止
 除名
○2  懲罰の動議を議題とするに当つては、議員の定数の八分の一以上の者の発議によらなければならない。
○3  第一項第四号の除名については、当該普通地方公共団体の議会の議員の三分の二以上の者が出席し、その四分の三以上の者の同意がなければならない。

議会で特定議員の懲罰権は地方自治法に認められているのですよ?

もうすっかり秋ですね、インフルエンザには気をつけてよい一日を

結局、働く人の味方なのに、呑気に社会科のお勉強もお仕事になるとは、お疲れ様でございました。
友人知人の障害者は、再就職活動にも、差別と偏見、悪化する労働条件に苦しんでいると言うのに、黒川滋先生は、前職のころから社会科見学も、お仕事の一つ、それでいて労働貴族と呼ばれると不愉快だと、公言されていましたね。
結局、条件のよい場所から、ほかの方々を見下し自分は味方である、と言う仮面を被り、やりたい放題、散々羽田空港の混雑に、文句を書き散らしながら、ご自分のお住まいが空路になると、危険だのうるさいだの、言い出し地元の皆様の安全を、考えていますという、私には理解しがたいご都合主義。
今まで利用されていた、空路下の方々に謝罪されたのでしょうか?
羽田空港の混雑に、ぶつぶつ文句を言いながら、なら混雑緩和のために、空路を見直していざ、お住まいの場所に、空路設定されると、昔の美濃部知事も顔色を、失わんばかりの理屈で、住宅地の上を飛行機が飛ぶと、危ないうるさい事故が起きたらどうする、などと繰り返すとは。
便利と危険は隣り合わせ、という当たり前の事すら忘れて、ほかの自治体の方々の迷惑は、省みる事なく、お住まいの地域の方々には、迷惑だ危険だと、言いだす始末、票のため過去を隠し、偽善の仮面をつけて、正義の味方とばかりに、振る舞うとは、まあいかにも黒川滋先生らしいお姿、散々人様のプライバシーに、土足で踏み込み人はそれぞれの人生や環境があるという、当たり前の事すら理解されずに、ご自分の考えを正論とばかりに押し付け、全く恥じるどころか余計悪化するばかり。
ご自分は絶対正しい、異論は認めず、過去の過ちを他人になすりつけるとは。
私には理解できない驚天動地の振る舞い。
続きを読む

あまりにもご都合主義と思われませんか?

差別発言、暴言を吐きながら

警察を利用して口封じ

冤罪事件の支援活動をしながら

邪魔な奴には冤罪まがいの行為

ご家族に病人がいらっしゃれば医者の紹介しろと見まごう電話

ご自分のミスを他人に責任転嫁するが行為

問い合わせに、反応がないので私もうっかり怒ってしまえば

また警察利用の口封じ

私には真似できません

議会に期待するのも、まあ無理であろう
自治体議会の権限には限界がある
では、様々な合法的な権利行使を始めるか

情報開示請求により益々我々の人権侵害及び日本国憲法に保障された、様々な権利を侵害されてしまいました
その情報開示請求の理由は、極めて一方的かつ公務員職権濫用罪の立件事由にあたいするという事に残念ながら黒川滋先生は、お気づきでないようですが、公人たる黒川滋先生が、我々私人に行った情報開示請求の理由は、驚くべき事、あくまでも話し合いで解決すべき事を、誠に残念ながら余計ややこしくされていらっしゃいます
国民に等しく保障された権利を、なぜか朝霞市議員黒川滋先生は、お気づきにならないのは残念ですが、まあ精神障害者にたいする、差別や偏見を全くご理解頂けないのは、誠に遺憾なれど正直申し上げて、またかという失望感しかありません。我々はきちんと朝霞市議会の議長様及び副議長様より請願法に基づき、各朝霞市議員様に、請願のお手紙を差し上げてよいか、確認し元代表の意思に任せる旨確認致しました
また朝霞市長様にも確認致しました
そのため朝霞市議員様の方々にお願いというお手紙を差し上げております。
親書を行政区分を超えても、差し上げるのは、正当なる権利であります
しかしながら朝霞市議員黒川滋先生は、何かの勘違いをされて、いらっしゃる
これは誠に残念であります
元代表がその責任において行った正当なる権利行使、それもきちんと手続きを取り行った正当なる権利行使を蔑ろにされるとは、残念であります
議会の問題は、議会にて決するという民主主義の原則
何か朝霞市議員黒川滋先生は、誤解をされていらっしゃいます
もちろんあくまでも、お願いであり
なんら効力がないと、思われていらっしゃる
我々精神障害者の戯言、それは、残念ながら様々な事で毎回受けておりますが
事このような事態に到れば
元代表も何らかの対応をせざるを得ず
元代表の責任において、手続きを始めております

かつての親友、同志、
戦友、まさかこんなことになろうとは
昔には帰れない
あの楽しかった頃には

自由権 精神の自由 思想・良心の自由、信教の自由、学問の自由、集会・結社・表現の自由、通信の秘密
身体の自由 奴隷的拘束・苦役の禁止、不当逮捕の禁止、抑留・拘禁の禁止、黙秘権、一事不再理、拷問・残虐な刑罰の禁止、住居の不可侵、自白強要の禁止、令状主義、遡及処罰の禁止
経済活動の自由 居住・移転・職業選択の自由、財産権


さてこれは何を意味するのであろうか 

刑法二三〇条ノ二の規定は、人格権としての個人の名誉の保護と、憲法二一条による正当な言論の保障との調和をはかったものというべきであり、これら両者間の調和と均衡を考慮するならば、たとい刑法二三〇条ノ二第一項にいう事実が真実であることの証明がない場合でも、行為者がその事実を真実であると誤信し、その誤信したことについて、確実な資料、根拠に照らし相当の理由があるときは、犯罪の故意がなく、名誉毀損の罪は成立しないものと解する。

さてこれは何を意味するのであろうか 
 

第34章 名誉に対する罪

(名誉毀損)

第230条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

2 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

(公共の利害に関する場合の特例)

「第230条の2 前条第1項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。」

2 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。

「3 前条第1項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。」
 

しかも朝霞市議CommentsAdd Star

編集

ご意見してもいけませんか

公人たる黒川滋先生


訂正


加筆修正セリ

↑このページのトップヘ