自称福祉の制度の専門家黒川滋元自治労職員朝霞市議黒川滋先生へのきょうも歩く書き換えとTwitterでの人権侵害とセクハラと障害者差別の公開質問状及び元自治労現朝霞市議の検証ブログ

福祉の専門家黒川滋元自治労職員朝霞市議黒川滋先生へのきょうも歩く書き換えとTwitterでの人権侵害とセクハラと障害者差別の公開質問状及び元自治労現朝霞市議の黒川滋氏くろかわしげるのきょうも歩く黒川滋左翼黒川滋ブログ黒川滋朝霞市黒川滋 今日も歩く黒川滋 朝霞黒川滋 朝霞市議会黒川滋 左翼黒川滋の経歴黒川滋 wikihttp://kurokawashigeru.com/ くろかわしげる | トップ http://kurokawashigeru.air-nifty.com/ きょうも歩く http://ronzine.net/?a=b&i=bba29fee922b71d74e753f2487e107fd 黒川 滋 - ろんじんネット 消費増税断固反対 - 黒川滋が本田由紀にこんなブログをTwitter https://ja-jp.facebook.com/dankohantai/posts/434646586566286 ブログ「きょうも歩く」黒川滋朝霞市議@kurokawashigeru https://twitter.com/hitujinomura/status/197899978910339072 http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-0de5.html 黒川滋さんのほんとうの正論 http://wwwa.cao.go.jp/wlb/change_jpn/taikenki/h20/sakuhin/3-07.html 赤ちゃんとの初めての生活 http://togetter.com/li/641790 「俗論」に振り回されがちな保育・待機児童問題 by 黒川滋・朝霞市議(@kurokawahigeru) さまざまな角度から黒川先生を検証するブログです

カテゴリ: 黒川滋本質がわからない

「昔だけど、北朝鮮の内部情報を、産経新聞の今は亡き、柴田記者だっけ、正確に書いた本で論争になったけど」

「私は、情報は中共経由って言ったら、否定して、文革の時追放された記者だからありえないって」

「逆なんだよ、文革で追放されたのち、様々な要人が復権したり、名誉回復したでしょう?」

「となると、そういう方々とパイプがあるから、情報を手に入りやすい」

「なんで、そういう本質がわからないの?」

「追放されたのは、当時文革で迫害された方々とのつながりからでしょう?」

「ならば、復権したら、過去のパイプがまた蘇る」

「なんというか、本当に察しが悪いというか、勘が鈍いというか」

「失礼だけど、頭悪くない?」

「思い込みと、自己中と、勘の鈍さ、いやぁ、まあしょうがないか」

「市議早く辞任しなよ、市議会の無駄だから、市税泥棒でしょう?」

「朝霞市民の敵だよね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ストーカー加害者対策で報告書 - NHK 首都圏 NEWS WEB  次にカウンセラーが潰されるんですよ。殺害予告されたりしてね。こんなこと考えちゃいけないのですが、ストーカーに関しては予防拘禁もありか、と思うときもあります。


「なんだか、Twitterでぐちゃぐちゃ新幹線の話だけれども」

「一番問題なのは、東海道新幹線の老朽化、だから迂回路作らないと危ないのに」

「東海道新幹線って、いつできたの?」

「昔の東京オリンピックでしょう?」

「もう、限界に近いけど、だから毎晩、補修しているのですよ?」

「ただ、もうそろそろ、間に合わなくなると思うけど?」

「本質を理解できないのは、まあ昔からだけど、東海道新幹線の全面改修って、何年かかる?」

「飛行機の増便では間に合わないし、昔の、東海道線の特急こだまとか、いまはなき、ブルートレインの銀河とか」

「かなり、難しくない?」

「そういう、本質が見抜けない、でも乗りオタ、ちょっとね」

「まあ、所詮は乗りオタ、だからぐちゃぐちゃいうだけ」

「本当に、朝霞市の方々の敵」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ストーカー加害者対策で報告書 - NHK 首都圏 NEWS WEB  次にカウンセラーが潰されるんですよ。殺害予告されたりしてね。こんなこと考えちゃいけないのですが、ストーカーに関しては予防拘禁もありか、と思うときもあります。


↑このページのトップヘ