何故、こんなことになってしまったのか?

私は悲しい、市議たる者の務めについても、対案を出したというのに、貴方は変わってしまった、悪い方に変わってしまった。

かつての親友・同志・戦友の変化は悲しい。

貴方が当選されたとき、私は喜んだ、貴方の長年の夢が適ったと。

しかし、失望した、悪いのは私ではない!制度か誰かが悪いと、もう少し朝霞市民の皆さまの為に、本当に歩くべき。

名物市議につていも、書くよ、電動アシストの三輪自転車で、問題点を探し、解決する、服に名前は違法ではない、
いつも朝霞市内を回り、挨拶を欠かさなければ、貴方の力が増すだろう。

しかし残念だ、うかつにもTwitterでの発言、もう少し考えて欲しかった、でも私にも立場がある、全力で貴方を合法的に倒さなければならない。なぜこんな事になったのかわからない、でももう引き返せない、貴方の友情、恩義は決して忘れていない。

残念である、悲しく切ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ストーカー加害者対策で報告書 - NHK 首都圏 NEWS WEB  次にカウンセラーが潰されるんですよ。殺害予告されたりしてね。こんなこと考えちゃいけないのですが、ストーカーに関しては予防拘禁もありか、と思うときもあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予防拘禁、いかに恐ろしい言葉か?
刑務所代わりに、異論排斥の為に「予防拘禁」

福祉の専門家が、言ってはならない言葉だ、だから私は悲しい。

一応手は打った、どこまで効果的かはわからない、精神障害者は、法的に規制がかかっている、確かに画になる親切は素敵だろう、昔の貴方は消えて、今は朝霞市議黒川滋先生だ。

年年歳歳花相似歳歳年年人不同、貴方には失望と絶望を感じている、さようなら昔の親友、同志、戦友よ。

まだ、私は貴方を信じていたのに、もう駄目ですね、かつての友誼と恩義を忘れてはいないが、「予防拘禁」は許せない、嗚呼人は変わる、時に悪い方にかわる、楽しかった日々が走馬灯のように駆け巡るが、もう昔には戻れない。

「さようなら、昔の親友、同志、そして戦友、恩義や友情は忘れていない、しかし貴方はやりすぎた、私は貴方の行政手腕は、高く買っている、ただ政治はダメだ、政策秘書の資格持ちだろう?」
「コネクションで、政策秘書になった方がいい」

「では、友情と恩義を抱きながら、別れの挨拶だ、さようなら元気で別の仕事について下さい。