一時は、命を掛けようかと思ったが、親兄妹の事を考えると、やはり生きのび方を選んだ。

冷血漢で、サイコパスの黒川滋先生、貴方は精神科に行きたまへ、明らかに反社会性人格障害である。

まあ、昔からそうだったな、まじめに話を聞けない、それも勘違いで攻撃してくる、覚えているか?

「恩のある人は叩いてはいけない」ふーん、貴方は裏切りと変節を繰り返してきた。

北海道時代も、最初は横路氏についたが、学歴の問題で伊藤秀子氏についた、しかし伊藤秀子氏も捨て、私に知事選の票を頼んだというのに。

責任転嫁は、上手ですね、でも伊藤秀子氏の私設秘書と名乗っていたが、単なるアルバイト、自分を大きく見せる
虚言癖ですな。

北海道で、転向を繰り返し、身動きが取れなくなったから、コネで自治労に入った、見事ですな、最初は自治労の
事を愚痴っていたが、知らぬ間に「朱に交われば赤くなる」そして、差別発言、よくもまあ、福祉の専門家なんて、言えますな、関心します。

世の中ってやつは、騙して仮面をかぶった者の勝ち、精々朝霞市議会で、目をあけて眠っていたまえ。

「税金も払ってないくせに」じゃあ貴方は、市税の泥棒だろう?

12歳のアウシュビッツを生き延び、あえてモルモットになった私を甘くみるな。

黒川滋先生には、散々痛めつけられたが、お返ししますよ、合法的に、所詮政治と選挙オタクが、市議になったが、碌な仕事もしていない、まあ待っていたまえ、主導権は私にある、小なりとも任意団体の代表だ。

偵察哨戒網は、ある、昔から君は嫌味な性格だったな、パフォーマンスは得意だが、話し合いは苦手というよりできない。

私がまるで通訳のように、間に入ったのだが?

忘れるのが早いな、それとも精神障害者は、人ではないのか?

差別主義者よくもまあ、コロコロ立ち位置を変えられるな、感心するよ。

では、「地獄で待つ」

..............................................................................................................................................................................

ストーカー加害者対策で報告書 - NHK 首都圏 NEWS WEB  次にカウンセラーが潰されるんですよ。殺害予告されたりしてね。こんなこと考えちゃいけないのですが、ストーカーに関しては予防拘禁もありか、と思うときもあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本性が現れたな、さすがは毛沢東伝の漫画で、社会主義に目覚めた君らしい、仕事もせんと朝から晩まで、テレビ漬け、ほう再生エネルギーはどうした?
まあ、どこかで誰かが非常事態に備えていると言うのに、もう節穴の目、右から左へと通り抜ける言葉、散々叩いていた、市議の方々を、素知らぬ顔で、馴れ馴れしく接する、素晴らしいですな。
「予防拘禁」という「代用監獄」を使おうとする、凄いですな。

所詮は、政治オタク、ブログでも、綺麗な言葉と、誰々が言っていたと、逃げ道をつくる、はっきり言おう「人間のクズ」「朝霞市の寄生虫」少しは歩いたらどうかね。

まあ、元の性格は治らないだろうが。