2/12 保育園運営審議会の続報

報告が遅れましたが、12日の保育園運営審議会があり、傍聴してまいりました。

そのなかで、1月に決定した入所者の大半は入所手続きが済み、一方で転勤などの事情で若干空きが出始めている状況が報告されました。
さらに、新設の小規模保育施設1ヵ所、定員拡張2ヵ所が行われて、待機児童問題の対応を進めた報告がありましたが、それでも1歳児で200人を超える待機 児童の受け入れ先確保としては、20人弱という状況ですが、これは2次募集の枠として、待機になった方々への応募枠として案内されることになります。

また、点数別の入所の決定/保留の状況がようやく非公開指定が取れたので、これから分析して、昨年、一昨年とどう変化したのか分析したいと考えています。


「まあ、自治労で座学として、担当そしてお子様がいらっしゃいますから、得意分野はあってしかるべきですが」


「でも、朝霞市議なら「調査権」がありますので、一々受け身ではなく、きちんと自ら、朝霞市役所で色々きいてくるのは、可能でしょう?」


「もう、本当に黒川滋先生は、市議会だけが市議の仕事、さすがはファシストにしてスターリニスですね」


「だって、一般の方々でも、情報開示や住民監査など、様々な権利が認められていますよ?」


「私とて、渋谷区の保健所と一戦して、勝っていますから、正確には、引き分けでも、改善には成功しましたよ?」