なぜ話し合いで済ませたいと、言うのに拒絶されるのですか?
私は、もう遺恨などありません、精神障害者のおかれている立場をご理解頂きたいだけです。

火曜日も、直接の会員の方ではありませんが、SOSが届いたので、さすがに遠隔地、電話で少々話しがおかしい旨伝えましたところ、役所の態度が急変したとお礼のメールが届きました。

やはり、「声を上げなければかわらない」そう思います。

世の中は理不尽、精神障害者という弱者の為動くのが私の義務だと思っています。

SOSの内容は、プライバシーもあり適当に流しますが、障害年金の申請書類を渡さない、信じられません。

特に、女性が狙い撃ちされているようです。

国の制度の窓口に過ぎない、市区町村がそのような態度をとられるとは何かおかしいです。

また、必ず窓口の担当者が余計な事を言います、「支給されるかどうかわからない」
「この程度なら何級」しかし審査するのは、別のところです。

その担当者の方のポケットマネーで、支給されるのならともかく、国の機関が決めること。

言い訳がましく、電話の担当者が、理屈を並べましたが、まず精神科医が判断し、診断書を書くのですから
最初から、申請の基準を満たして、診断書が書かれます。

窓口なら、書式は整っているか、記載漏れはないか確認すべきで、それ以上は余計な話です。

特に、精神障害者は、あまりその場で抗議どころか泣き寝入りです。

黒川滋先生も、福祉の専門家なら、良くお分かりかと思います。

seshishogaiishaonnzumann@gmail.com
全国精神障害者オンブズマン代表